無茶をしました。




maybe 手しごとのしなじな 1st season at 2k540
そして、1年以上ぶりにやっと行けた、神楽坂のあかぎマルシェ。
ご来場下さいました皆様、出展者の皆様、ありがとうございました!
そして、ごめんなさい。

金曜日にmaybe、土曜日にあかぎマルシェ、日曜日にまたmaybe
という不規則出展、そして何より私のミスのせいで、
お客様に残念な思いをさせてしまいました・・・・・・
申し訳ございませんでした。

日曜日のmaybe。

リバティ生地でオシャレ小物を作っているdeux:2さんが、
「365日」という有名店のパンを、
みんなで食べよう〜と、持ってきてくれました。

珍しい、ピスタチオのパンはとても香ばしく、
シンプルな生地の噛みごたえのあるパンは、
良質な素材ならではの味と香り。。。。。。

我が家では、
忙しい週末なんかに、
厚切りステーキとパンとワインで贅沢(ラク)をします。
でも、手軽に調達してきたりすると、肉もパンもワインも、
「ん?」という事があったりします。

なかでもパン!
美味しいパン屋さんのパンはやっぱり美味しい。
だいたい、肉とかワインは選べばまぁなんとかなりますが、
美味しいパン屋さんのパンは美味しいパン屋さんへ行かないと調達できません。

美味しいパン屋さんが近所にあれば良いのですが、
忙しい週末に、美味しいパンを買うためだけに美味しいパン屋さんへ・・・・・・略。

いつの日か、美味しい肉と美味しいワインと美味しいパンをテーブルに並べたい・・・

固くて噛みごたえがあって、
しっかりした小麦の香りと旨味たっぷりの塩味のパン!

あぁ、なんて美味しいパンなのでしょう!
こんな美味しいパンを食べている今!!

deux:2さんに頂いたパンを頬張りながら、
思わず口から飛び出した言葉、

「肉食べたい・・・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「え?」
一瞬シーンとなりました。

そして、
「ハッ!」
と、我に返りました。

頂いたパンを頬張りながら、
肉食べたいって・・・・・・

あぁ、deux:2さん、違うの、そうじゃないの〜。
必死で言い訳をしました。


とにかく、
3日間のmaybeの中日に抜けて、
神楽坂で出展するなどという無茶をしたために、
出展の2日ほど前から、
思考停止状態に陥っているのを感じていました。

だいたい、普通に2連続出展をするのも躊躇するのに、
完全なキャパオーバーでした。


・・・。でも。
パンを食べながらの肉食べたい発言のような事は、
キャパオーバーとは関係なく、よくやっているような気がします。

こんなに詳細な言い訳ができる時代に生きていてよかった。
あれ?デジャヴュ。
前にもこんなことがあったような。

皆様、ありがとうございます。
















つくる日々


お花が3つ並んだモチーフ。
最近、このタイプのネックレスを作っていませんでした。
今年はピコなし、すっきりとした花びらで登場します。


そして、久しぶりにダルマの80番の糸を出してきました。
リクエストを頂き、羽のピアスを作ります。
「羽のピアス」
リクエストしてくれたmarucoさんがそう呼んだので、
私もそう呼ぶことにしました。
羽のピアス・・・良い響きです。
marucoさん、ありがとうございます。

さて、完成品はいつご紹介できるでしょうか・・・・・・^^;
がんばります。

夢の話



かたいメロンパン、食べました。
うん。
好きですよ。
ヤマザキパン。
とてもいいと思いました。

さて、ワークショップの新メニューを増やすべく、
考えたり、作ったり、
作ったり、考えたりしていて、
出来上がってきたのですが、

それをアップする前に、
久しぶりにみんなのブログを見てみたら・・・・・・

例によって、
MAKKOさんのブログに書かれた
「子どもの頃の夢は・・・?」
に応える、
うこわやさんの記事が。

そして私は思い出しました。

中学校の、職員室の隣の給湯室の隣の応接室。
普段、生徒が入ることはない部屋の、
立派な革張り(に見えた)のソファーに、
生徒会役員メンバーで座っていた日の事。
ちなみに私は副会長か書記のどちらかでした。(忘れた)

あのソファーに座ったのは、本当に一度だけだったかも、
全国紙の新聞社の方が取材に来るとの事で、
呼ばれたのですが・・・

「将来の夢って、何?」

の質問に、
一同、しーーーーーーーん。

誰一人、何も、本当に一言も発しなかった場面が、
すごく印象的に、蘇りました。

私もうーん、と首をかしげたし、
典型的、お調子者生徒会長すら、
う〜〜〜〜〜〜ん。と返答無し。

現代(当時)の子どもが、どんな夢を描いているのか、
が、取材の焦点だったのに、
誰も、何も答えず。

「夢だから、お姫様になりたい!みたいなのでも、いいんだよ?」

と、言われたのを、はっきりと覚えています。

当時、

その場にいた私達は、多分。
夢だろうと、現実だろうと、
将来を思い描いたりはしなかった。

そんな中学3年生でした。

「お姫様って。」

と、見合わせたのは、誰の顔だったか。


思い出し笑いの理由を聞き出した家族の、

「ってゆーか、生徒会入ってたの!?」
「え?生徒会役員とか、あーゆー感じの中に入ってたの?」

という反応。

からの、

「オレ、学級委員に推薦されて泣いた。」

の衝撃の告白。

「泣いた!?」

「え!?」

「泣いたの!?」

「マジで!?」

「え?何年生の時!?」

もう、夢の話どころではない、現実。


明日はちゃんと、ワークショップの話を。























つねきちの尻尾


私のクローゼットの一部。
一部・・・一分?いや、八分くらいかも。

先日の中野出展で久しぶりにアトリエEさんとご一緒しました。
アトリエEさんはエレガント&カジュアルなお洋服を作っている、
エレガント&カジュアルな方です。(私見です。)

久しぶりにたくさんおしゃべりして楽しかったです。

そしてとうとう、
念願の、アトリエEさんのお洋服を手に入れました。


さて、どれでしょう?



つねきちの後ろ姿。
つねきちはかぎしっぽです。

え?と思うくらいに曲がっていて、
折れた内側に汚れが溜まっているのではないかと思うほどです。



これ以上伸びない。

かぎしっぽは、幸運をひっかけてきてくれると言いますが、

つねきちがまだケージ暮らしだった頃、

私は見てしまったのです。

ケージの隙間からうっかり尻尾が飛び出して、
かぎしっぽがケージの細い棒にガッチリとはまってしまい、
ひっかかって身動きが取れなくなって、
う〜〜〜と唸っているつねきちを。

・・・・・・。

以来、つねきちが幸運を運んでくるなどという期待はしておりません。

コヤツの尻尾は、

幸運にガッチリ引っかかる為にあるのだと思います。

と、ひっかけられた当の本人(夫)に知らせてやりました。



受講、再び。


北海道のタティングレース専門店、
あとりえシシカスさんの講習会に行って参りました。

タティングレース歴だいたい4年くらい、と思っていましたが、
ちゃんと思い出してみると、丸5年。

お馴染みフェリシモのキットで初めてタティングレースの存在を目にし、

ポケットの探偵7つ道具で急場を凌いでいく小林少年さながら、(???)

その小さなポケットサイズの道具から、
素敵なレースが生み出される!という衝撃に心を奪われ、

その日のうちにユザワヤへ走りました。(都バスで)

錦糸町ユザワヤでシャトルとレース糸と本を1冊手に入れた日から、

丸5年、なわけですが、

今年の春に初めて受けたあとりえシシカスの杉山先生の講習会で、
目からウロコがボロボロ落ちる経験をしました。

そして再びの講習会!


(*立体ハートモチーフは杉山先生オリジナルレシピです。)

スプリットリングの反対側のピコを繋ぐ方法を習得できる、
こちらの立体ハートモチーフを教えて頂きました。

ぷっくりとして中にビーズを入れることが出来ます。
アシスタントでいらっしゃっていたka-ryun先生が、
ハートを縦方向にピアスにしていたのがオトナかわいかったので、
ワタクシも縦にしてみたら、

グレーの糸を選んだのがいけなかった、
水道管みたいなL字の塩ビパイプにしか見えない・・・^^;
というわけで、私はカワイイ横型ぷっくりハートのイヤリングに。

若者へプレゼント。


(*杉山先生オリジナルレシピによる作品です。to*airでのお取り扱いはございません。)

あとりえシシカス杉山先生の東京講習会は、
次回は来年4月に予定しているそうです。

都合がつけば、また行きたいです。

ちなみに私は昨日、
「糸端をハサミで切る時のやり方」を教わりました。
糸はしの始末の仕方じゃないですよ、
「切り方」を教わったのですよ・・・

こんなウロコがまだ目に・・・・・・

教わることは、無限にあるな。

さて、講習会についてはまだまだ書きたいのですが、
前置き(丸5年のくだり)が長過ぎました。

終わります。



ありがとうございます。
プロフィール

to*air

Author:to*air
10年振りのブログ再開(笑)
タティングレース
ガラスビーズ
毛糸玉♪
にゃんこと作品達を紹介します。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR