レースのダークサイド



おや、今度は上下に黒い帯が。90度回転したからか。ふぅ。
さて、ビーズ刺繍、終了しております。
この画像きれいだなぁ・・・・・・。実物より。




自分の作ったもの、それも気に入っている物ほど、
なんというか、ダークなものを感じる・・・

アクセサリーは、身につける事でHAPPYであって欲しい。
いつもそう願って製作しています。
だから、決して「負のオーラ」を醸し出したりするような作品を作るつもりはないのですが・・・

以前、「作家と作品の佇まいが似ている」とこのブログにも書いたように、
どうしても、ダークサイドが現れてしまうようです。(笑)

なんていうか、特に「レース」という「白」いイメージのものを扱っているが故に、
「白」からはほど遠い自分の理想の美とのせめぎあいがあります。
こんな作品でいいのだろうか?と思います。

でも、タティングレースに出会った時、このレースは私の中で、
「白」ではなく「黒」のイメージだったのですよ。

まっさらな、「白」で作ってみたい。そういう憧れもあります。
でもその前に、
レースのダークサイドに着目したい。

なんじゃそりゃ?

つまり、「負のオーラ」と紙一重なところにあるちょっとダークな「美」、
そういうのが理想なのですよ・・・

これはイカン。
だって、きっとすごく難しい。(笑)





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます。
プロフィール

to*air

Author:to*air
10年振りのブログ再開(笑)
タティングレース
ガラスビーズ
毛糸玉♪
にゃんこと作品達を紹介します。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR