手荒れ防止。

大掃除に向けて、アクリルたわしをつくりました。
たわしというか、コースターのようなものですね。
100円のアクリル毛糸で何枚もつくれてお得。




普段は調理道具や食器の予洗いに活躍しています。
キッチンでも固形の石けんを使っていまして、
油汚れの予洗いはかかせません。

子どもの頃から手の一部に湿疹があり、
アトピー性皮膚炎と診断されていました。
大人になって、主婦業を初めてからは、
常に手はひび割れて、
乾燥する冬場だけでなく、
梅雨のじめじめした時期にも悪化。
皮膚科で薬を塗られ、
包帯でぐるぐる巻きにされた事もありました。
まぁ、すぐに取っちゃうんですけどね・・・。

その手荒れがぱったりなくなったのは、
5年ほど前のこと。
娘の習い事仲間のママに見せて頂いた本がきっかけで、
せっけんを使うようになってからでした。


あんなに病院に通ったり、
薬を塗ったりしていたのに、
なんの事はない、
洗剤と、シャンプー、リンスが原因だったみたいです。

合成洗剤のように油汚れが一発で落ちる
というわけにはいかないので、私は二度洗い。
最初にお湯とアクリルたわしで洗い流し、
(オリーブオイルや動物性油脂には重曹かセスキを使います。)
次に普通のネットに入ったスポンジに
石けんをぐりぐりして泡立てて洗っています。

時間と手間がかかります。
それに、石けんそのものは安価ですが、
熱めのぬるま湯をたくさん使いますので、
光熱費&水道代がかかってしまうし、
エコロジー的にもどうなのでしょうか?
石けん成分そのものは自然に優しいけれど、
お湯をじゃばじゃば使う行為に罪悪感もあり、

トータルで考えると・・・なんとも言えなくなります。

食器を洗っているとつるつる滑るし、
シンクはすぐ油まみれになるし・・・。

ですが、少なくとも、長年の手荒れの悩みは解消してくれました。

荒れ果てた絆創膏だらけの手の状態であったなら、
タティングレースを始める事はなかったでしょう。

本を見せてくれた彼女に感謝、ですね。

乾燥の季節、そして大掃除などで、
洗剤を使う事も増えるこの時期、

制作に支障をきたさないよう、
手荒れには注意したいです。

       話ながっ!


すみません。


























スポンサーサイト
ありがとうございます。
プロフィール

to*air

Author:to*air
10年振りのブログ再開(笑)
タティングレース
ガラスビーズ
毛糸玉♪
にゃんこと作品達を紹介します。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR